アフィリエイトで稼ぐ方法!始め方5ステップを徹底解説!

アフィリエイトで稼ぎたい人がまず何をするべきなのか、どのような仕組みで成り立っているのかを解説します。

アフィリエイトとは?

収益が発生する流れ

まずはアフィリエイトからの収益はどのようにして発生するのかというところから解説していきます。

アフィリエイトとは、分かりやすくいえばYouTubeや個人が運営しているブログやメディアサイトで貼られている広告を、視聴者や読者がクリックしたり、コンテンツの閲覧数に応じて収益が生まれる仕組みになっています。

広告をクリックするだけで収益が発生するものや、その先にあるWebサイト内で資料を請求したり、商品が購入されれば、収益が発生するようなものもあります。いずれにしてもいかに広告がクリックされるようなコンテンツ作りが出来るかが重要です。

広告には様々なものがあり、Googleが作成しているものや広告リンクを作成するサービスも数多く存在します。

どのくらい稼げる?

アフィリエイトは一昔前であれば参入障壁がまだそれほど強くはなかったため、運営サイトの広告を出すことでインプレッション数を増やし、自分のサイト内の広告がクリックされる機会を増やすといった雑な運営であっても収益化が可能でした。

まだネット広告がそれほど認知されていなかったこともあり、当時のサラリーマンが得ていた収入以上の額を稼げる人もいて、簡単に稼げる時代があったのです。

しかし、現代に至ってはネット広告の信用性が下がったことや、アフィリエイトを始める人が急増したことから多くの収益を得るのは難しいと思われるようになってきています。

ですが、現代でもほんの半年ほどで23万稼ぎ始める人もいれば、短期間のうちに二桁台まで稼げるようになる人もいたりと、まだまだ可能性に満ち溢れています。

稼ぐのにどのくらい時間がかかる?

短期間で稼げるようになる方法というのは無く、アフィリエイトで確実に稼げるようになるためには、しっかりとした運営サイトの設計を行い、その設計に沿って運営を続けていくことが重要です。

ほとんどの場合、運営サイトがGoogleなどの検索結果で上位表示されるような設計を考えることになるでしょう。

そのためにSEOに関する知識を身に付けたり、運営サイトの作り方などを学び、コンテンツ作りまで完成させて初めて収益化の可能性が出ることを考えると、初めての収益化を達成させるだけでも短くて半年は時間が必要になるでしょう。

その後少しずつ時間をかけてサイトの改善を続け、検索結果で上位表示されやすくなれば、徐々にサイトのインプレッション数が高まり、ユーザーの広告へのアクションも増えていくことで収益を増やせるようになります。

アフィリエイトの始め方5ステップ!初心者が0から始める方法

ここからはアフィリエイトを始めるためのステップを、5段階に分けて開設していきます。この手順を参考に、一つずつ確実に進めていきましょう。

1、顧客像を明確にする

まずアフィリエイトを始める前に、どの顧客に向けてコンテンツ作りを進めていくかを考えていきましょう。

例を挙げると、「20代の学生でこれからのキャリア作りを考える人」や「30代から50代のサラリーマンで副業を始めようとしている人」、「ネットビジネスでお小遣い稼ぎをしようと考えている専業主婦」といったものはよくターゲットの対象になっています。

なぜ初めに顧客像を明確にしなければいけないのかというと、顧客像が明確に定められないままコンテンツ作りを始めてしまうと、何をターゲットにしているコンテンツなのかというのがまとまっていきません。

するとサイトの読者も何を届けようとしているのかに気付けなくなってしまうため、サイトの早期離脱率を高めることになってしまいます。

その問題を防ぐためにも、顧客像を明確に定めることは必須になります。

2、サイトキーワードの選定

顧客像を定めた次にやるのは、サイトキーワードの選定です。

アフィリエイト収益を得るために重要な項目として、サイトのインプレッション数を高めることが求められます。インプレッション数を高めることで、アフィリエイト広告がユーザーの目に止まりやすくなり、ユーザーのアクションに結びつきやすくなります。

サイトキーワードを選定するにはGoogleのキーワードプランナーなどを使って、キーワードごとの競合性や検索数を調べていきます。

アフィリエイトで収益を上げることを目的としたサイト運営であれば、キーワードの競合性が低いものを見つけることが重要です。

しかし、必ずしも低いものでなければ収益化できないわけではなく、中・高レベルの競合性の高さであっても、サイトの作り方次第で収益化を図ることも可能です。

とはいえ、競合性が低く、尚且つ検索数が多いキーワードを最低でも一つは決めておくことが最低条件となります。

3、運営サイト作り

顧客像とキーワードが決まれば、運営サイト作りを始めていきましょう。

運営サイトを作るには、無料のサービス(アメブロやはてなブログなど)を活用することが一番ハードルが下がりますので、簡単にアフィリエイトを始めることが出来ます。

しかし、ここで問題となるのは、無料のサービスを使用する場合、広告リンクが使用禁止となっている場合が多いことです。広告リンクが使用出来ないとなるとアフィリエイトで収益を得ることが出来なくなります。

その問題を予め解決させる方法としては、HTMLCSSなどの言語を学習したり、WordPressのようなCMSの使用方法を学び、独自で運営サイトを作ることです。

そうすることで、無料のサービスのような禁止事項を気にせずにサイトを運営出来るようになります。

その代わり、勉強しなければいけないことが増えること、そして運営サイトをネット上に公開するためには、独自ドメインの取得とサーバーやデータベースの構築が必要になります。

エックスサーバーやさくらサーバーなどのサービスを使えば、この多くの項目に対して、ワードプレスの構築サポートなどを使って対処することができますので、サイト作りの前に一度チェックしてみることをおすすめします。

4、運営サイトの分析

運営サイトをネット上に公開することが出来たら、それで終わりではなく、運営サイトへのユーザーからのアクセスやアクションについて分析を始めましょう。

この分析を行うことで、今後のサイト運営に必要となる改善点を見つけることにつながったり、アクセスできないコンテンツや表示されていないコンテンツなどを早期で発見し修正したりすることが出来るようになります。

サイト運営は毎日更新することによって、検索エンジンの評価を高めやすくなると言われていますが、毎日コンテンツを更新することだけでなく、「悪い部分は早めに改善する」そして、「良い部分を増やしていく」という更新もあるということを覚えておくと良いでしょう。

5、運営サイトの改善

最後に運営サイトを改善する際のチェックポイントについて解説しておきます。このポイントを参考にすることで、より良いサイト運営と改善が行えるようになりますので、改善の際の参考にしてみてください。

◾️サイト内のコンテンツの表示速度に問題は無いか

この問題には、容量の大きな画像や動画を設置していたり、JavaScriptが多く使われているといった原因が関係しています。

◾️スマホ端末を優先にウェブコンテンツが作られているか

スマホ需要が高まるにつれ、スマホ端末への対応は必須項目となっています。パソコン端末だけでなく、スマホ端末でも見やすいサイト作りを心がけておきましょう。

◾️広告リンク以外のボタンが、広告リンクを間違えて押してしまうような場所に設置されていないか

広告バナーが、サイトの「次へ」や「カテゴリー」などのボタン近くに設置してあると、ユーザーは間違って広告バナーをクリックしてしまうことがよくあります。

Googleの検索エンジンは、このような問題を故意的に起こそうとしているように思われるサイトの評価を、著しく低下させる場合もありますので注意が必要です。

◾️ユーザーが見やすいフォントの大きさに設定されているか

フォントの大きさはサイトの見やすさに直結します。自分が良かれと思って設定しているサイズであっても、他の人が見ると見にくさを感じる場合があります。

サイトの状態を自分以外の人にチェックしてもらうことが出来れば、改善点を早期に見つけることが出来るでしょう。

◾️検索ユーザーが求める情報に対して、オリジナルなコンテンツであり、尚且つ適した情報が提供されているか

最後に特にGoogleが情報発信者に求めていることとして、検索ユーザーが求めている情報に対する対応について提言しています。

既に発信されている情報をコピペしていたり、一部リライトしているだけのコンテンツなどはオリジナルなものとはいえないため、サイトの評価とは結びつかないことになります。

そして、出来る限りユーザーが求める情報に適した回答を提供することが出来ているかが、サイトの評価に結びつくため、自分が運営するサイトがGoogleが定めている条件に合わせられているか、という点でもサイトをチェックしてみましょう。

アフィリエイトに必要な心構え

すぐ結果を求めない。

アフィリエイトはSNSでも始めることはできますし、最近はYouTubeを使ってアフィリエイトリンクを貼っている人もよく見かけます。

今回の解説ではブログを中心としたアフィリエイトについて話を進めています。プラットフォームの違いはありますが、やり方に大きな差はありません。

つまり、ブログだけがアフィリエイト収益を得るまでに時間がかかるわけではなく、SNSYouTubeなどを使ったとしても、大差はないということになります。

大事なことは、既に解説している通り、「顧客像を明確にすること」、そして「しっかりとした設計を基にサイトを作成し、運営を続けること」です。

実際には、これらの重要なこと以外にも、サイト評価を高めるテクニックについては数多く存在します。

しかし、一番大事にしておきたいのは、「顧客が求めているものを適切に届けること」です。

それが出来ていないければ、どんなプラットフォームを使っていようが、どんな商品を勧めようが成果にはつながりません。

そのことを理解して運営サイトを地道に育てることが、成果につながる一番の近道になるのです。

まとめ

今回はアフィリエイトの始め方についての解説と、運営サイトの運営方法について解説してきました。

アフィリエイトは誰にでも始められる稼ぎ方として、現代人にはかなり身近である反面、正しい設計と運用が出来ていないと、上手く結果に結びつきません。

Googleの検索エンジンの検索結果を、上位表示するためのコツに正解というものがないように、アフィリエイトの方法も時代によって変化し続けています。

その時代の変化にもアンテナを貼りつつ、常にコンテンツの改善を続けていきましょう。そうすることが顧客へ確実に情報を届けることにつながり、成果が生まれやすくなっていくのです。

Pocket
LINEで送る