ライターで稼ぐ

ネット副業で人気の「ライター」で稼ぐ方法&案件を獲得する方法

副業やフリーランスとして独立する人たちは、自分が身に付けたスキルを活かしてライターとして活躍している人が多くいます。

ちょっとしたお小遣い稼ぎだけでなく、確実に生活の足しになるような稼ぎを得たい人なども、世界的にも需要が高いライターという仕事について知っていけば、「私もやってみようかな」と好奇心を持つことができるかもしれません。

そんなライターというのはどんな仕事なのか、そしてライターとして稼げるようになるためには、どんな準備が必要なのかを今回は解説していきます。

ライターの仕事について

ライターの仕事は、知識や技術、情報を武器に、顧客へ様々な価値を提供することです。

現在はインターネットが普及したことにより、Web上で情報を発信することができるため、世界中でWebライターの需要は、常に高い状態を維持しています。

Web上では、広告内のコピー、メディア内のコンテンツ、あるいは個人としての情報発信など、様々なプラットフォームを活用して、ライターによって作成された文章が活用されています。

もしこれから個人としての価値を高めたいと考えているのであれば、Webライターという仕事は将来性があるためおすすめです。

ライターとして目標金額を稼ぐための戦略

では、ライターとしてお金を稼ぐためにはどんなことをしなければいけないのかというのをここから解説していきます。

これからもしあなたがWebライターのような働き方を目指そうとしているのであれば、参考にしてみてください。

「目標金額の設定」

ライターとして稼げるようになるためには、明確な目標が必要です。

あなたはこれからライターとしていくら稼ごうとしているでしょう。その目標とする金額によって、これから必要となる情報は大きく変わっていき、それに伴い求められる行動も変化していきます。

「市場分析と顧客の選定」

次に、ライターの仕事が求められている市場についての分析を行い、あなたが対象とするべき顧客を創造していきます。

ある市場では「投資」に関する情報が求められていたり、「プログラミング」などの分野に特化した情報や、「転職」といったキーワードに関しての情報や知識などが求められているはずです。

そして、どんな人がそれらのコンテンツを求めているのかを考えていきましょう。

この辺りから、あなたが相手にするべき顧客が明確に見えてくることになりますので、同時にあなたがどんな知識や技術、情報をインプットしていく必要があるのかを探っていきます。

さらに、あなたが定めた目標金額が稼げるだけの仕事がある市場を見つけ出すことも、この段階でも重要なポイントになります。

「【顧客に合わせた】ポートフォリオの作成」

ここまでの流れで、あなたは目標を達成させるためのヒントを得ているはずです。あとは、そのヒントを基に仕事を得るための準備を始めていきましょう。

とはいえ、その準備はそれほど大掛かりなものでもありません。幸いライターの主な武器というのは「文章」だからです。

つまり、あなたは自分の文章を使い、身に付けている知識や技術、情報などを一つのコンテンツとしてポートフォリオとして活用することができます。

そのポートフォリオを顧客への提案時に提供することで、顧客があなたの信用性を確認する材料として使ってもらえるようになるのです。

ポートフォリオを作成するために、Webサイトを作成して、ブログのような記事を更新し続けるといった方法もあります。ですが、次の段階の実績作りのためにはそこまで大掛かりな準備をする必要はありません。

とにかく顧客への提案に必要なのは、あなたの実力を確認することのできるコンテンツが求められます。

そのコンテンツを作成しさえすれば、顧客への提案を始めることは可能になるのです。

「金額は気にせず、まずは実績作りに集中する」

さぁ、あなたが顧客へ提供するためのポートフォリオを作成できたならば、早速実績作りを始めていきましょう。

市場分析を行った際に、様々な提案先を確認することができているはずです。

近年はクラウドソーシングを活用することで、顧客へ直接アプローチを行うことが容易になっています。ブログやSNSを活用して仕事を依頼されるケースもあるようですが、実績がゼロの状態からいきなり仕事を頼まれるようなことはほとんどありません。

ですが、クラウドソーシングを活用すれば、実績がゼロであっても小さな仕事であれば獲得するハードルを下げることも可能です。

そのような可能性を様々なプラットフォームで調査しつつ、実績作りのための提案を進めていきましょう。

「継続案件の獲得を目指す」

できるだけ早いうちに目標の金額を達成させたくて、大口の案件が欲しくなったり、単価の高い案件ばかりに目がいってしまうこともあるかもしれません。

ライターは需要の高い仕事ではあるものの、実績がそれほど積み上げられていない状態では、まず金額の交渉も難しくなりますし、信用性も低いことから思うように案件を獲得することが難しいでしょう。

ですが、コツコツと小さな案件を獲得し続けることができれば、いずれは積み上げられた実績は信用にもつながっていきます。

その結果、継続案件が獲得できるようになれば、いくつもの案件に提案したり、金額の小さな案件をいつまでもこなし続ける必要がなくなっていきます。

最終的な段階として、この状態を目標に地道な努力を続けることが、一番ライターとして稼げるようになる近道になります。

継続案件が獲得できるようになれば、自然と実績も積み上げられていくようになりますので、直接顧客の方から依頼が来るようなことも増えていきますので、目標金額の達成が容易になっていきます。

まずはクラウドソーシングを利用して案件を獲得する

初心者Webライターは、クラウドソーシングを利用して仕事を探すことをおすすめします。クラウドソーシングは仕事の流れがわかりやすく、クライアントの仮払い後に作業ができるので支払いトラブルを避けやすい仕組みになっているからです。

まずは、クラウドソーシングの仕組みに慣れることから始めましょう。

  • クラウドソーシングのタスク案件から始めよう
  • 初心者・未経験可の案件を探そう
  • 初心者は興味・知見のあるジャンルを選ぼう
  • 不採用にめげずに積極的に応募していこう

クラウドワークス

エンジニア・デザイナー・ライターを中心に 仕事の種類は200種類以上も存在する、業界No.1のユーザー数443万人!フリーランスであれば知らない人がいないほどの有名なクラウドソーシングサイトです。初心者からベテランまで、ご要望にあわせたマッチングができることで人気です。

>クラウドワークスの公式サイトはこちら 

Bizseek

Bizseekは2013年にサービスを開始しており、クラウドソーシングへの参入は比較的新しいです。Bizseekは業界最低水準の手数料を強みにしているクラウドソーシングサービスとなっています。また、本人確認をしっかり行うので、クライアントも安心して仕事を任せることができます。

>>Bizseekの公式サイトはこちら

ライターとして稼ぎ続けるための心構え

最後に、ライターとして稼ぎ続けるために必要な心構えについて解説しておきます。

この心構えがライターに限った話でもなく、個人としての市場価値を高めることにもつながる心構えですので、ぜひ参考にして目標達成後も実行し続けてください。

「小さな実績をコツコツと積み重ねていく」

どんな仕事を始めても、最初のうちは実力を証明するようなものは少ないものです。それでもコツコツと実績を積み上げる努力を重ねていくことで、時間が経てば信用構築につながっていきます。

どんなに厳しい状況が続いても、必要な努力を続けることだけは諦めないでください。

「専門分野の追求だけでなく、他分野への好奇心も大事にする」

自分が好きなことや得意分野に関しては、特に何も考えずに学び続けることができるものです。

ですが、より仕事の獲得率を高めるコツとして、他分野からのインプット量を増やすことも大事です。

広すぎるのも問題ではありますが、横道にそれ過ぎない程度に、顧客が求めているものを提供できるように色んな引き出しを増やしていくことも、稼ぎ続けるためにも必要になります。

「最終的には継続案件を増やしていけるようにする」

やはり継続案件を獲得できるようになることが、目標達成には不可欠です。

継続的に顧客から依頼を受けられるようになれば、精神的にも安定していき、自分の仕事に自信を持つことにもつながります。

その段階に進んでいくためにも、小さな努力の積み重ねを続けていきましょう。そして、その積み重ねが信用につながり、あなたに価値を見出した人たちがどんどん仕事を与えてくれるようになっていくのです。

Pocket
LINEで送る