パソコンがあればだれでもできる!文字起こし・テープ起こしで稼ぐ

近年では本業の他に収入を増やしたいと考える人が多く、副業をする人が非常に増えてきています。初心者でも始めやすい副業の1つに、テープ起こしが挙げられます。これからテープ起こし、文字起こしの仕事を始めてみたいと考えている人の中には本当に稼げるのかどうかと心配になっている人もいるかもしれません。テープ起こし、文字起こしの稼ぎ方について、しっかりと把握しておくと良いでしょう。

そもそもテープ起こし、文字起こしとは?

そもそもテープ起こし、文字起こしとは、録音されている音声データなどを聞いてテキスト化する仕事のことを指しています。以前までは録音媒体がカセットテープが主流であったことから、このように呼ばれていることが多く見られます。近年ではICレコーダーなどで録音したデータを文字化するケースが多いです。

YouTube動画などの文字起こしも増えてきていると言えるでしょう。時代の流れに合わせ仕事の内容が変わっていくものの、仕事自体の需要はこれからも高くなることが予想されます。具体的な仕事内容としては、会議の内容を録音したデータをテキスト化したり、動画を再生しながらテキスト化する、講演会やセミナー、インタビューなど様々なものが挙げられます。

具体的に稼ぐ方法について

テープ起こしや文字起こしで稼ぐためには、まずはアプリを活用することが1つに挙げられます。AIによる高度な音声認識が可能となるアプリであり、パソコンでもスマートフォンでも利用できるものがあります。音声データを取り込むと、高精度な文字化を自動で行ってくれることが1つの特徴です。

データは後から簡単に編集することも可能ですが、句読点の挿入、話者特定もすることができるため、手作業で行うよりもかなり短縮がされるはずです。1時間の音声データであれば、なんと30本ほど対応することができるでしょう。無料版も設定されているのでまずは無料で実際に使ってみて、効率よく稼ぐことができるとわかった場合に有料版を取り入れてみるのも良いでしょう。

まずはクラウドソーシングを利用して案件を獲得する

初心者は、クラウドソーシングを利用して仕事を探すことをおすすめします。初心者でも比較的始めやすい仕事であり、在宅ですきま時間に取り組むことが可能です。難しい作業もあるかもしれませんが、経験を積むことで風行ける金額も少しずつ増え、大きな収入になるはずです。

Bizseek

Bizseekは2013年にサービスを開始しており、クラウドソーシングへの参入は比較的新しいです。Bizseekは業界最低水準の手数料を強みにしているクラウドソーシングサービスとなっています。また、本人確認をしっかり行うので、クライアントも安心して仕事を任せることができます。

>>Bizseekの公式サイトはこちら

lancers

国内最大級のフリーランスのマッチングプラットフォームといえば「lancers」です。ランサーズのサービス内容は、個人や法人が募集している案件に受託者として応募するとで仕事を受注できるというものです。オンラインだけでなくクライアント先の常駐案件を探すことも可能です。

また、受注できる仕事の種類は非常に多く、下記のような依頼が多数あります。事務システム開発・運用ライティング・ネーミングWebデザインこれまでに24万社が利用、200万件以上の受注実績があります。常に2,000件以上の案件があるため、専門スキルを活かせる案件も多いといえるでしょう。

>>lancersの公式サイトはこちら 

クラウドワークス

エンジニア・デザイナー・ライターを中心に 仕事の種類は200種類以上も存在する、業界No.1のユーザー数443万人!フリーランスであれば知らない人がいないほどの有名なクラウドソーシングサイトです。初心者からベテランまで、ご要望にあわせたマッチングができることで人気です。

>>クラウドワークスの公式サイトはこちら

Pocket
LINEで送る